自分でWebサイトを立ち上げる時に、まず用意しないといけないものとして、公開するWebサイトのドメイン名と、公開用のサーバーがあります。

それぞれがどういったものなのかを簡単に見ていきましょう。

 

ドメインとは

ドメインとは、○○.comや○○.jpなど、ブラウザ等を使ってサイトにアクセスするための「住所」のようなものにあたります。
通常インターネット上での住所というのはIPアドレスといって192.168.11.1のような数字の羅列で表されますが、よりわかりやすくするためにweb-master.jpなどの文字列でもこの住所にアクセスできるようになる仕組みです。
ドメインは.comや.jpなどの第一レベルドメインと、その上にあるweb-masterなどの第二レベルドメインがあります。同じ住所が存在しないのと同じで、ドメインも世界に一つだけ存在します。例えばyahoo.jpを取得しようと思っても取得することはできません。

第一レベルドメインは何を選んだら良い?

.comドメインがはやっていたのはもう一昔前、今は色んなドメインがあり選択肢がたくさんありますが、ドメインによっても「信頼度」が変わってきます。通常だと、.jpを選ぶのがおすすめです。

理由としては、日本国内に存在する企業や団体でしか取得できないように制限されているためです。

 

自分が取得したいドメインを調べたいときには

先ほどもあったように、ドメインは世界に一つしか存在できないようになっています。

なので自分が取得したいドメインが使えるかどうか確認する必要があります。ドメインを登録できる「お名前.com」等のサービスを利用して確認できます。

 

ドメインの取得方法については、ドメインを取得してみよう!ドメインの取得方法ご紹介で解説しています。

 

サーバーとは

実はサーバーと一言で言っても、たくさんの種類のサーバーが存在しています。
先ほどのドメインを使ってアクセスしようとした時に、ドメインの対になっているIPアドレスを教えたりする役割の「DNSサーバー」や、Webサイトを表示させる「Webサーバー」、データを保存しておくための「データベースサーバー」など様々です。
これらを自前で用意するのは、かなりの専門的な知識が必要で、素人では中々用意する事はできません。

 

簡単にサーバーを用意できる、レンタルサーバー

しかしこれらのようなサーバーをあらかじめ用意してくれていてそれを「レンタル」して簡単に必要なサーバーを用意することができます。
この様なサービスは「レンタルサーバー」と呼ばれています。
「レンタルサーバー」を貸し出してくれるサーバーホスティング会社は多数存在していて、有名どころだと、「Lolipop」や「さくらインターネット」、「CPI」等があります。
レンタルサーバーはWebサイトの規模や用途に応じてホスティング会社やプラン等を選択する必要があります。
例えばWordPressを使ったWebサイトの場合だとデータベースを必要としますので、データベースが扱えるプランを選択しなければなりません。
サーバーの選びかたについては、また別の機会に詳しくご紹介したいと思います。