WordPressにて作業を行ううえで、効率化を図るため事前に入れておきたいプラグインがいくつかあります。
どれもインストールしておくと、普段の更新が便利になりますので、
WordPressをインストールした時点で行っておきましょう。

ページ複製機能を追加する「Duplicate Post」

WordPressで作成した各種記事を複製することができます。
「新規下書きとしてコピー」ができるため、ページ複製に大いに役に立ちます。

MS Wordのような操作性を叶える「TinyMCE Advanced」

記事投稿画面のテキストエディタを改良します。Micrsoft Wordのように高機能な編集機能を付随することができます。

ページIDを簡単に把握できる「ShowID for Post/Page/Category/Tag/Comment」

記事IDやカテゴリーIDを、各一覧ページに表示させることができます。
IDを表示しておくと、一部のプラグインでページIDを紐付けて処理する機能を実装する際など、役に立ちます。
(例)
投稿:post.php?post=123&action=edit
カテゴリー:category&tag_ID=45&post_type=post

このページは随時更新をしていきます。他にも必要な操作用プラグインがあれば、
またご紹介していきますね。